2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.10/05(Fri)

プリースト

バンパイアとの戦いで荒廃した未来、人類は高い壁に囲まれた城塞都市で修道会の支配のもとに暮らしていた。ある日、修道会の戦士《プリースト》の一員である男のもとに、兄の家族がバンパイアに襲われ、幼い姪がさらわれたとの知らせが届く。プリーストは、安全なはずの都市に再びバンパイアの脅威が訪れたことを訴えるが、修道会は聞く耳を持たない。プリーストは姪を救うため、やむなく掟を破って都市の外へと旅立つが……。(wowowより)

Priest.jpg

本作を面白いと思った方、ごめんなさい。私、全然ダメでした。あまりにも、つまらなかったので、記念に記事にしておきます 冒頭の汚らしいアニメは何?センスないなぁ。説明的なナレーションや字幕で始まるのさえ、イヤなのに、これは酷い トーンも暗すぎて個体識別不能。テレビの色調を目一杯明るくして、やっと描かれているモノの輪郭がわかった。スクリーンだと、重厚な感じなのかしらん?プリーストとは、バンパイアと戦う修道会の戦士なんだとさ ナレーションでは兵器と紹介しているけど人間らしい。まず、この設定が気に入らない(汗)。集団で戦う修道士という発想が野蛮。比叡山の僧兵みたいなもの?顔の十字架はタトゥ?ペイント?あざ?シール?未来の話だそうだが、荒廃しすぎていて年代不詳の感じがする。最初に出てきた一家は、西部開拓民みたいだ。時代錯誤では?と思っていたら、唐突に電車が出てきて、ガード下を番傘をさした人々がうろついている。支離滅裂だよー、HELP!制作者の意図がわからない。

教会らしき場所でプリーストがパソコン画面に告解している。なんじゃい!薄気味悪いなぁ。声紋を照合させて、上司を呼び出し、打ち明け話を始めた。テレビ電話で未来感を出すというのが安直。発想の貧弱さに加えて、無意味な暴力シーンのオンパレードで、気分が悪くなった。ストーリーを構成している各要素は、どれも見たことがあるようなものばかりで新鮮味に欠ける。今時、列車の屋根での格闘って(笑)。それに、バンパイアと称しているものは汚いバケモノではないか。バンパイアに失礼だぞ(苦笑)。かのロジャー・コーマン先生も真っ青のチープな映画。

おわび:作品を罵倒するのは好きではないのですけど、ついつい書いてしまいました。素人のたわごとです。お許しを
14:50  |  映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/869-963df222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/11/19(月) 11:50:49 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。