2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09/12(Wed)

最強のふたり

アース・ウィンド&ファイアーの曲が流れる。懐かしいなぁ。ディスコブーム全盛の頃、ミラーボールとともに煌めいていた音楽である。その軽快なノリに合わせて、パリの街を疾走する一台の車。若い黒人運転手と助手席の中年の白人男性はゴキゲンだ。ふたりの快適なドライブは、少々、ハメを外していたのかもしれない(汗)。いつのまにやら、パトカーとのデッドヒートに。パトカーの制止をふりきり、アクセルを踏み込んだ運転手が賭けの話を始めた。先導するとかしないとか・・・。

Intouchables_3.jpg

2台のパトカーが行く手を阻んだ。普通ならここで、「クソッ」とか言いそうなのに、ふたりは笑っている。警察官の指示に従い、黒人運転手が外へ出てボンネットに手をついた。警官が助手席の白人男性も外に出るよう促すと、運転手は険しい表情になり「出たくても、出れないんだ!後部座席を見ろ、車イスがあるだろ!」と、まくしたてた。警官が助手席を覗くと、白人男性が痙攣の発作をおこし口から泡をふいているではないか?!うろたえる警官に「俺が好きでスピードを出していたと思うのか、病院へ急いでるんだ!」。ふたりは警官に先導され、病院へと向った。賭けにかったのは黒人運転手ドリス(オマール・シー)、貧民街で育ったアフリカ系フランス人だ。彼の雇い主フィリップ(フランソワ・クリュゼ)は大金持ちだが、首から下が麻痺している障がい者である。軽快なオープニングに暗さは見受けられない。

ところが、重厚なクラシック音楽が映画のトーンをお上品にし、オープニング・シーンに至るまでが、フラッシュバックで描き出されていく。豪華な屋敷の廊下には、家主フィリップとの面接を待つ神妙な顔が並んでいる。面接を秘書らしき女性に任せ、フィリップは冷めた目でその様子を眺めているだけ。心あらず・・・という感じか。麻痺はパラグライデーの事故によるものだった。一瞬にして体の自由を奪われてしまったフィリップ。心は闇の中を彷徨いつつ、自分の境遇を嘆き悲しみ、全ての事を諦めてしまったのかもしれない。そんな彼が、遅れて面接を受けにきた黒人男性に、少しだけ興味を示した。なぜなら、他と違っていたから。ラフな格好をした粗暴な青年はロクに挨拶もしないで「ダメだろ、さっさと不合格のサインをくれ」と、急かす。フランスでは3社の面接に落ちれば生活保障を受けることができるらしい。フィリップは「サインしておくから明日、取りに来るように」と告げた。翌日、トリスが受け取ったサインには「採用」の文字が(笑)。得体の知れない黒人青年を雇うことになったのに、他の使用人は気にする風がない。どうせ、長続きしないと思っているのだ。何人もが止めたということは、フィリップに問題があるのかな。さてさて、問題児同士、どうなることやら(笑)。

ドリスにしてみれば、好き好んで選ばれたわけではないので、フィリップに取り入るようなマネはしない。それに、ドリスは無知というか無垢な男だから、同情ということを知らず、たとえ相手が身障者であろうが、遠慮のない物言いをする。時には、鳴っている携帯を、そのままフィリップにさし出し「あっ、手が動かないんだったな」と、笑っている。このドリスの奔放な態度がフィリップを喜ばせた。頑な心が徐々にほぐれていき、ふたりは対等な関係を構築しつつあった。

Intouchables_1.jpg

ドリスは高貴で傲慢な雇い主フィリップを、どんどんと自分の世界へと引き込む。車イスを改良しスピード感のある乗りモノにしたり、ダンス・ミュージックを屋敷に響き渡らせたり、スポーツカーで街をぶっ飛ばしたり、おしゃれな服を着せたり、女性の扱い方の講義をおこなったり・・・・。どれもがフィリップには新鮮だった。

Intouchables_2.jpg

ドリスはフィリップを通して上流社会を覗く。オペラやクラッシックの演奏会や自家用ジェットやパラグライダーを大いに楽しむドリス。普通だったら、委縮してしまうだろうが、彼は周りの視線など、全く気にせず、いつでもマイペースだ。ドリスとフィリップは互いの世界に足を踏み入れることによって、新しい発見を重ねる。劇的な要素はない。ふたりの触れ合いを描いているだけの友情物語である。

全く違う種類の人間が出会って心を通わせる・・・なんと素晴らしいことだろう。価値観は違っても、響き合うものがあったのだと思う。フィリップはお金はあるが体の自由がない。明るそうなドリスは、複雑な家庭環境の中で育ち、密かに抱えた心の重みに苦しみながら歩んできた。社会的弱者のふたりは支え合いの中から尊さを見つけ、後ろ向きな人生からの脱却を図る。陽と陰が交わりながら進むストーリーが静かな感動を呼ぶ。上映中はユーモラスなシーンに笑い声が起こっていたが、エンドロールが流れる頃には、すすり泣きの声が漏れていた。観る者にしんみりとした感慨を残す映画である。

タグ : フランス映画

00:04  |  映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pkolife.blog90.fc2.com/tb.php/870-7310f00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/10/14(日) 19:31:02 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。