2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.02/13(Tue)

優しい犬

20070213222739.jpgこんにちは♪
いつまでも、若々しいピーです。
朝から雨が降っています。
こんな日は散歩に行きたくありません。
このまま悪天候が続けば、飼い主は私にカッパを着せて
強引に散歩させるのでしょうかね?・・・・・・トホホ。




今日は『物を大事に扱う』ということについて、お話したいと思います。
まずは2枚の写真をご覧ください。

DSCF0030.jpg DSCF0031.jpg

左はLのおもちゃ、右は私のおもちゃです。
これを見て、どう思われますか?
そうです・・・・Lのおもちゃは、めちゃくちゃで、もはや原形を留めていませんね。
もともとは、草履やキリンなどの形だったのですよ。
可愛そうにキリンさんの足と尾っぽが、なくなっています(涙)

一方、私のおもちゃは?
そうです・・・・きれいなままですね。一目瞭然です。
おもちゃの扱い方に、それぞれの性格がでます。

↓あらま、寝ている私の上に悪童Lが乗っています

20070213171508.jpg


私は情け深くて、優しい性格です。
おもちゃさん、一緒に遊びましょうね。ちょっと歯を当てるけど痛かったら言ってね
という気持ちでおもちゃを扱います。

Lは強欲で粗雑な性格です。おまけに、うぬぼれも強いし不潔です。
やい、おもちゃども、今日も酷い目に遭わせてやる。覚悟しな
という気持ちで扱っているようにしか見えません。
おもちゃを思い切り投げ飛ばし、拾いに行ったかと思えば
何の役にもたたなさそうな犬歯で、引きちぎっています。

さて、ここで問題です。良い犬は、どちらでしょうーか?

13:06  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.02/10(Sat)

日本犬の心得

こんにちは♪
犬のPです。
今日、私は車の後部座席に乗って出かけました。
外出といっても、飼い主が体調不要なので、遠出したわけではありません。
しがない飼い犬の身、わがままを言える立場ではないので、妥協しました。
車内での様子を含めた何枚かを添付しておきます。
Lめも映りこんでおりますことを深くお詫びいたします。

20070210131423.jpg 20070210131640.jpg

先日、若輩犬のLが、私を侮蔑するような覚書を作成したことに対し
強く抗議いたします。
柴犬といえば、縄文時代から日本に土着している名門の犬種ですぞっ!
新興勢力の西洋犬の無礼な振る舞いは、腹に据えかねるものがあります。
以下、順にご説明いたしましょう。

■排泄ならびに足裏について
われわれ柴犬は、心身ともの高潔さを保ち、日々暮らしております。
住居=巣は、最も清潔な場所でなければなりません。
ここに糞尿を撒き散らすなど、言語道断!狂気の沙汰としか思われません。
同じ理由で、汚れた肉球で住居内を歩き回ることも、無神経極まりない行為であります。
常に足裏の清潔を心がけ、散歩中は歩く場所を選ばねばなりません。

■洋服について
われわれ柴犬には、名門と呼ばれるに相応しい歴史があります。
その中で、日本の風土に適合させた2重コートの体毛も獲得いたしました。
よって、美しい体毛に何かを羽織る必要はありません。
ここでLに目を転じてみましょう。
おやっ、ヤツも一応2重コートの毛です。
となれば、服を着るのは見栄というか、見せびらかしたいという邪悪な気持ちからでしょう。
Lの姿は、まことに滑稽で道化としかいいようがありません(笑)

■放屁音について
われわれ柴犬は、高貴な犬種でありますから、常に責任の所在をはっきりさせます。
放屁するという恥ずべき行為をおかしてしまった時でも、例外ではありません。
臭気の原因が自分であると、高らかに宣言すべく『プー』と音を鳴らします。
同時に、臭気の元である肛〇に鼻を近づけます。
これは、私がやりましたと周囲に念をおすためです。
放屁のあと、そしらぬ顔でやり過ごし、飼い主に肛〇を匂われ
悪事が発覚するLとは、大違いでしょ?

20070210131506.jpg 20070210131554.jpg

長くなってしまいましたが最後に
われわれ柴犬は、尾をを高く上げることによりオケツを丸出しにし、これを他に見せつける。
これぞ、日本犬の誇りである。
恐れ入ったか、Lよ、その扁平な鼻でよーく匂ってみろ!


13:55  |   |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.02/09(Fri)

Lの覚書

こんにちは♪
犬のLです。
日中は穏やかな陽気が続きますが、まだまだ朝晩は冷え込みますね。
あたちは、ストーブに足をかざして暖をとっています。
着ているセーターは普段着なので、みすぼらしいけど
お外に出かけるときは、おしゃれをしています。
今日は、あたちから見たPねえちゃんをルイス・フロイスさん風に紹介します。
題して『Lのピーねえちゃん覚書』です。

20070209120006.jpg


■Lにおいては、排泄は家のなかにておこない、街路は歩くだけのところである。
Pは排泄を街路でおこない、ときには歩きながら用をたす。

■Lにおいては、衣服を着用することは、たしなみととらえる。
Pは、着用をいやがり裸ですごすが、それを恥としないし、不面目ともみなさない。

■Lにおいては、放屁音は「スー」であり、その行為を他にさとられることはない。
Pは「プー」と発し、そこに居合わせたものが騒然となる。
自らも音の出所を確かめるため、〇〇を匂う。

■Lにおいては、足裏が汚れることは自然であり、なんとも思わない。
Pは肉球の汚れを不吉の前兆とみなし、これを忌み嫌う。


失礼しました
またね~

12:48  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.02/06(Tue)

口を開けて寝る犬

写真の動物は、どこかの珍獣ではありません。
愛犬Pの可愛らしい寝顔です。
これを可愛らしいと思うか、ブチャイクな犬とみなすかは、各自の判断です。

20070206110543.jpg


Pを飼うまでは、口を開けて寝るのは人間だけだと思っていたので
初めの頃は多少驚きました。
でも常時、こんな顔をして寝ているわけではないので、さほど心配はしていません。
口を開けて寝ているというよりも、唇がめくれたまま寝ているのかな?

いずれにせよ、外敵のいない環境で生活を送っていれば、ついつい気を緩めたまま
寝てしまうことだってあるでしょう。

今日の朝もこの犬、8時半まで爆睡してました。
愛しいPよ、おまえの野生はどこへ消え失せた!

11:52  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.01/30(Tue)

服を着こなせない犬

Pは散歩中、面識のない人から「男の子?」と尋ねられます。

ちゃんと観察すれば、オスかメスかの判断は容易だと思うのですけどねぇ・・・・

たかが犬、オスに間違えられても問題ないけれど、正しい性別で見てほしい。

最近はメスだとわかるよう、赤い洋服・首輪・リード姿で散歩させています。
       

 20070129171427.jpg


彼女に赤い洋服が似合わないことは、百も承知しています。

被害妄想でしょうか・・・すれ違う人から笑われている気さえします。

それでも女の子っぽく見られたいというのが、飼い主心というもの。

そんなこともあって、雌雄のはっきりしない人間の赤ちゃんの性別を知りたいときは、

「まぁ、かわいいですね、女の子ですか?」と親御さんに聞くようにしています。

女の子なら正解だし、男の子だったとしても女の子のように

可愛いということになりますからね。

11:21  |   |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。